球磨川アーティザンズとは

球磨川アーティザンズのふるさと、九州熊本県南部に位置する人吉球磨地方は、急流が静脈のように走る盆地にあります。作家・司馬遼太郎はこの地を「もっとも豊かな隠れ里」と呼びました。山と水とが育んだ肥沃な大地は、とてつもなく豊潤な農産資源を生みだしています。

わたしたちが名前にかかげる球磨川は、最上川と富士川にならぶ日本三大急流のひとつで、県内最大の一級河川です。この隠れ里のアーティザンズ(職人たち)とともに、球磨川からもたらされる豊かな恵みを、みなさまのお手元へお届けしようと、このプロジェクトはスタートしました。

球磨川は、球磨郡水上村からはじまる小さな流れから、川辺川をはじめとする支流をあわせながら人吉盆地をめぐり、大きな川となって八代海へとつづきます。

写真の和舟は〈球磨川くだり〉の船です。〈球磨川くだり〉は、八代まで人や物資を運ぶため、江戸中期に誕生しました。お殿様も参勤交代のときには、この球磨川を下り、また遡上しました。先に出た司馬遼太郎の「翔ぶが如く」の中にも、西郷隆盛が球磨川を下るシーンがあります。

〈球磨川くだり〉は人吉城跡の対岸にある発船場からはじまり、熟練の船頭さんの巧みな舵さばきで、間近にせまる大きな岩や荒波をすり抜け、季節ごとの景色を愛でながら、球磨村の渡地区まで下ります。

私たちのシンボルマークは〈球磨川くだり〉の和舟がモチーフ。この歴史ある和舟のように、球磨川流域で育まれた恵みが、たくさんの方に届いてほしいという願いが込められています。